木村俊幸

kimura

1969年生まれ。1990年代から絵画やオブジェ作品を制作。近年は「MATIM」と冠したシリーズで個展を開催。イメージの世界と現実空間とが奇妙に接続し、夢の続きを醒めた眼で眺めるような空間演出が特徴。映画やCMなどの背景画、世界観をデザイン、制作するVFXクリエーターとしても活躍中で、特撮監督、コンセプトデザイン、マットアート等を手がけた『CASSHERN』(2004年)で「第10回記念AMD Award ’04 Best Visual Designer」賞を受賞。2005年、府中市にスタジオ兼ギャラリーLOOPHOLE(ループホール)をオープンし、若手作家の紹介を積極的に行っている。

【府中市美術館エリア】
住所:東京都府中市浅間町1-3
電話:03-5777-8600(ハローダイヤル)
「府中市美術館」ウェブサイト


%e5%ba%9c%e4%b8%ad%e7%be%8e%e8%a1%93%e9%a4%a8