4月〜6月イベント追加情報

+++++++++++++++++++++++++++
『暮らしと表現の芸術祭 フェット』メールマガジン
+++++++++++++++++++++++++++

今月の追加情報です。

アーティストコレクティヴフチュウ主催による街あるきツアー、および講演会のお知らせです。

フェットツア−ズvol.3(5/7)は東府中エリアの街あるきです!
府中アートの発信地である府中市美術館、カフェも併設している現代アートギャラリーのGallery DODO(ドードー)、そして東府中駅前でひときわ存在感のあるコーヒー店COFFEA EXLIBRIS kettle(ケトル)の3箇所をめぐります。

そして今年もやります、フェットーク(6/4)。
第一弾は「女性画家と戦争」を研究する吉良智子さんの講演会です。
なんと託児つき。お見逃しなく!

そのほかフェット会場の情報が2件。
テキスタイル専門のgallery space亞の新企画展、そして府中駅近の現代美術ギャラリーLOOP HOLEのグループ展のお知らせです。

春のアート散歩をお楽しみください。

フェットツアーズ2017 vol.3

5月7日(日)
アーティストコレクティヴフチュウ主催による街あるきツアーです。
第3弾はGallery DODO、府中市美術館、東府中の珈琲店COFFEA EXLIBRIS kettleを回ります。
くらやみ祭りの後も、アート散歩で府中を満喫しませんか?
*ツアー内容は予定です。予告なく変更することがあります。

スケジュール:
11:30 集合 府中駅前バス2番のりば (バス移動)
11:45頃 Gallery DODO ランチ&常設展 見学
13:00〜 府中市美術館へ移動
13:30頃 府中市美術館「歌川国芳 21世紀の絵画力」展&公開制作見学
15:00  東府中kettleへ移動。ステンドグラス展を見学
16:00  現地解散

お申し込み:
本メールアドレス(contact@fetetokyo.com)に返信いただくか、フェイスブックページに参加表明をしてください。

定員: 8名くらい

費用: 2400円くらい(交通費、ランチ、美術館観覧料、珈琲代など)

基本歩いて回りますが、歩くのはきついから途中の移動は自転車でという方も大歓迎です。その旨ご連絡の上、Gallery DoDoへ直接お越しください。小さいお子様をお連れの方も車椅子をご利用の方、ご年配の方も大歓迎です。

______________________________
Gallery & Cafe DODO(ドードー)
府中市幸町1-39-43

2000年頃から営業している現代美術の作品を扱うギャラリー。
ツアーの時には常設展を開催しています。
1階と2階西側が展示スペースになっています。
営業時間 月・水・日 11:00 – 20:00、木・金・土 11:00 – 22:00  火曜および第2月曜 定休

______________________________
府中市美術館
府中市浅間町1-3 都立府中の森公園内

「歌川国芳 21世紀の絵画力」
3/11(土) – 5/7(日) 10:00 – 17:00(入場は16:30まで)月曜休館

公開制作70「狩野哲郎 すべての部分が固有の形になる」
*詳細はこちらまたは「フェット」ニュース4月11日号をごらんください。

_______________________________
COFFEA EXLIBRIS kettle(ケトル)
府中市八幡町3-19-3

「小林 望 ステンドグラス展
のんめいく賞 n on make show 2017 ss」
5/1(月) – 5/8(月) 平日13:00 – 19:00 土日祝11:00 – 19:00 火曜定休
※5月1日(月)19:00‐21:00【のぞみでNight】開催!
_______________________________

フェットーク2017 featuring 吉良智子「戦時の女性画家たちと現在(いま)の私たち」

6月4日(日)
会場: cafe & craft beer 麻屋 (府中市宮西町5-4-3)
時間: 13:30開場 14:00開演
参加費: 1000円(資料代、飲み物代込み)
申し込み: contact@fetetokyo.comまで件名に「フェットーク吉良智子」と記して、お名前と電話番号を記入の上、お申し込みください。
      または、こちらのフェイスブックページで参加表明をぼちり。
問い合わせ (アーティスト・コレクティヴ・フチュウ): 042-319-9298 または contact@fetetokyo.com
定員: 30名
託児あり

Artist Collective Fuchu (アーティストコレクティブフチュウ)presents
今年のフェットーク第一弾です!

「戦時の女性画家たちと現在(いま)の私たち」
「女性画家と戦争」をテーマに論文発表をする研究者、吉良智子氏をお呼びして講演会を開催します。
日本が戦争をしていた頃の女性画家たちは何を表現していたのか。
その時代の女性という枠組みのなかでどのようなアートを模索、表現を試みていたのか。
そして今の私たちの時代は…。
先人の女性たちが残していった作品を通して講師とともに「今」を読み解きます。

*託児あります!!
美術系のイベントには滅多にない託児付きの講演会です。
未就学児のママ達、ぜひお越しくださいね。
お申し込み方法等、詳しい情報をお待ちください。
主催:Artist Collective Fuchu(アーティストコレクティブフチュウ)

吉良智子(きらともこ)
1974年東京都生まれ
1998年日本女子大学卒業、2000年学習院大学大学院修了、2010年千葉大学大学院修了(文学博士)
神奈川県立近代美術館非常勤学芸員などを経て、現在東洋英和女子学院大学他非常勤講師
著書に『戦争と女性画家 もうひとつの「近代」美術』(ブリュッケ、2013年)、『女性画家たちの戦争』(平凡社新書、2015年)。『戦争と女性画家』において女性史青山なを賞受賞。

モードと洋装

4月6日(木) – 23日(日)
会場: gallery space 亞(府中市片町2-22-27)
時間: 12:00 – 19:00
休廊: 月、火、水曜
入室料: 300円

モードや洋装と聞くとずい分遠い時代を連想しますが、現代の服にもその残り香は見られます。
会期中は「海月資料室」(昭和の雑貨)および「民族人形ルーム」無料となります。
入室料はUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)寄付。

【PLASTIC | さめたはこ】

4月22日(土) – 5月21日(日)
会場: LOOP HOLE
時間: 14:30 – 18:30

休廊: 月、火、水曜 ※会期中の祝日も木金土日曜オープン
参加作家:COBRA、森田 浩彰、ヌケメ
レセプション: 4月22日(土) 18:00 – 20:00
アーティスト・トーク:5月14日(日)18:15〜 | 会場: 府中グリーンプラザ 7F 第5会議室 https://goo.gl/maps/2GiCRZKULLC2 | 入場無料
協力 :青山 | 目黒 http://aoyamameguro.com、XYZ collective http://xyzcollective.org

___________________________________
参加作家バイオグラフィー:
COBRA 1981年生まれ。ヴィデオアーティスト。2011年よりアーティストランスペースXYZ collectiveのダイレクターとしても活動する。海外コメディを彷彿させる原色の建込みの中で自身による過剰な扮装、チープな映像合成によって制作されるヴィデオ作品が特徴だが、同時に洗練されたヴィジュアルが狂気をも醸す。近年の主な展覧会: 2017年「Spring Feaver」駒込倉庫、2016年「Domethtic Fantasy」Art Center Ongoing(東京)、「NADA Miami Project booth (XYZ collective)」、「Rotting Wood, the Dripping Word: Shūji Terayama’s Kegawa no Marii」 MOMA PS1、2015年「comedie concrète」 Misako&Rosen(東京)等。

森田浩彰  1973年福井県生まれ。2002年ロンドン大学ゴールドスミスカレッジMAファインアート修了。生活の中で当たり前に存在しているが、特に意識されない物事に注意を向け、それらの中に折り重なっているコンテクストや関係性を可視化させる作品を制作。近年の主な展覧会:2017年「Triple Point of Matter」Fondation Fiminco、2016年「Something to Something else」青山|目黒、2015年ジョン・ササキとのコラボレーション「かわのまち」NICA、2013年「Mono no aware: The Beauty of Things」エルミタージュ美術館 、2012年「MOTアニュアル2012: 風が吹けば桶屋が儲かる」等。

ヌケメ 1986年生まれ。ファッションデザイナー、アーティスト、プログラマ見習い。ミシンの作動データにグリッチを発生させる『グリッチ刺繍』が2012年に第16回文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門審査委員会推薦作品に選出。同作品でARS ELECTRONICA 2013に出展、作品展示とワークショップを行った。主な所属集団にはOkay、Semitransparent Design、IDPW、gokinjo-monozukuri.orgなど。やたらに所属が多い。 http://nukeme.nu/【さめた●●】は、昨年三月の【さめた体温 (松田 修 x 山瀬 まゆみ)】を第1回目とした展覧会シリーズ。同時代に生き、時代の空気を敏感に感じつつも、自身の確立した作家性が流されることのない冷静な作家の繋がり。(文責: 大久保 あり)
____________________________________

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
このメールマガジンは、「フェット2016」でご協力いただいた皆様、名刺交換をさせていただいた皆様にお送りしています。
購読が必要ない方は、お手数ではありますが、このメールアドレス(contact@fetetokyo.com)までご連絡くださいませ。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
アーティスト・コレクティヴ・フチュウは「暮らしと表現の芸術祭 フェット」を運営する任意団体です。有志によるボランティアで、企画運営を行っています。
「府中」と「多摩地域」にアートを広める活動、地域にアートのプラットフォームを作る事業に興味のある仲間を募集しています。アートマネージメントを勉強中の学生さんや主婦、社会人&退職された方。地域とアートをキーワードに世代や立場を超えたアーティスト・コレクティブ・フチュウの活動に参加しませんか?
ご紹介も大歓迎です。
興味のある方はお気軽にご連絡ください。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

発行:Artist Collective Fuchu(アーティストコレクティブフチュウ)
執筆者:馬渕愛

公式ウェブサイト:http://www.fetetokyo.com/
Facebook: www.facebook.com/fetetokyo/
Instagram: fete_fuchu_tokyo
twitter: @fete_fuchutokyo

4/8 フェットツアーズ参加者募集中

+++++++++++++++++++++++++++
『暮らしと表現の芸術祭 フェット』メールマガジン
+++++++++++++++++++++++++++

いよいよ今週の土曜日は、府中本町エリアのアートスポットを探索するフェットツアーズです。
桜とアートと美味しいランチを同時に楽しめる盛りだくさんな内容ですよ。
お誘い合わせの上、ぜひご参加ください。

フェットツアーズ2017 Vol.2
4月8日(土)
12:00 集合 (場所:大東京綜合卸売センター5通路 府中卸売珈琲店前の休憩所)
12:15~ 府中卸売珈琲店/Cocorotusでランチ
13:30 Michio Gallery ~つながるHappyProject 見学
15:00 artist-run-space merdre 見学
16:00 現地解散
*ツアー内容は予定です。予告なく変更することがあります。

第2弾は矢崎町&是政界隈のギャラリーを訪ねます。
大東京綜合卸売センターでは府中卸売珈琲店/cocorotusでランチを(最近購入したタブローを展示中)。お隣のアジア食材のお店、AsianMeal(アジアンミール)も散策しましょう。(予定)
Michiko Gallery ~つながるHappyProject では、書道家のみちこさんの案内付きです。
artist-run-space merdreでは「塩浦信太郎からくり展」を開催中。作家の塩浦さんも在廊予定です。
歩いて回りますが、小さいお子様をお連れの方も車椅子をご利用の方、ご年配の方も大歓迎です。
定員 8名くらい
費用 1500円くらい(ランチ、ギャラリー入場料など)
予約 contact@fetetokyo.com またはフェイスブックのイベントページに参加表明をしてくださいね。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
このメールマガジンは、「フェット2016」でご協力いただいた皆様、名刺交換をさせていただいた皆様にお送りしています。
購読が必要ない方は、お手数ではありますが、このメールアドレス(contact@fetetokyo.com)までご連絡くださいませ。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
アーティスト・コレクティヴ・フチュウは「暮らしと表現の芸術祭 フェット」を運営するボランティア団体です。
一緒に事務局を手伝ってくださる方も募集中です。ご紹介も大歓迎です。
興味のある方がいらっしゃったらお気軽にご連絡ください。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

発行:Artist Collective Fuchu(アーティストコレクティブフチュウ)
執筆者:馬渕愛

公式ウェブサイト:http://www.fetetokyo.com/
Facebook: www.facebook.com/fetetokyo/
Instagram: fete_fuchu_tokyo
twitter: @fete_fuchutokyo

3月〜4月イベント情報

+++++++++++++++++++++++++++
『暮らしと表現の芸術祭 フェット』メールマガジン
+++++++++++++++++++++++++++

まだまだ寒い日が続きますね。
今回はフェット事務局主催の街歩きツアーの他に、3月から4月にかけて開催されるフェット参加会場、ギャラリーの予定(すべて府中市内)をおしらせします。

さて、事務局主催の「フェットツアーズ Vol.2」。
早くも第2弾(4/8、矢崎町&是政界隈)を開催します。
府中市内のアートスポットを線でむすぶ街歩きツアーに、ぜひご参加ください。
またVol.1のレポートも掲載します。

そしてフェット2016参加アーティストの塩浦信太郎さんのワークショップ、展示、イベントが2か所で開催される予定です。お見逃しなく!
(塩浦さんはフェット2016期間中に「額入りカラクリが動きだす!」をIZAKAYA 風で展示したアーティストです。)

アトリエゆうきデッサン・素描教室展vol.7 (現在開催中)
3月14日(火)〜19日(日) 11:00-19:00(土日12:00-19:00)
会場 ギャラリーゆうき
*レセプションパーティー  3/18(土)15:30-
BBQを予定しております。参加費大人1000円、子供500円、未就学児無料。差し入れ大歓迎です。最後に各生徒による作品解説&質問のお時間を設けます。皆様是非お誘い合わせの上御越し下さいませ。お待ちしております。(要予約)

木村 俊幸「MATIM 10 th Contact – MADEMOI-SEELE」(現在開催中)
2月25日(土)〜3月25日(土) 14:00 -18:00 *日月火水 休
会場 LOOP HOLE
内容 「マドモアゼーレ」とは、独身女性、令嬢を意味する mademoiselle(フランス語)と魂、霊魂を意味する Seele(ドイツ語)とを結合させた造語。
この度MATIMの展覧会も10回目を迎えました。

こどもばーる「動くオモチャ作り」by 塩浦信太郎
3月18日(日) 10:00-13:00
会場 IZAKAYA 風(府中市片町1-6-1青祥ヒルズ1F)
内容 毎月開催している「つくってたべよ」「つくってあそぼ」。今月の「つくってあそぼ」としてフェット2016期間中にを展示した塩浦信太郎さんの動くオモチャ作りを子どもむけに開催します。牛乳パックの土台に、お花や蝶々などの動くと楽しそうなものをつけてハンドルで回します。さてさて、どんなマイワールドになるかな?きっと動く仕組みも面白いよ!
参加費 1人300円
参加対象 小学生以上ならひとりでもだれかとでも!(幼児は大人ときてね。)
*「つくってたべよ」も同時開催。参加の方は手をふくタオルやハンカチを持ってきてね。
予約 よつばーる風 080-5188-5468 yotsubar.kaze@gmail.com (さとう)

平成28年度市民提案型市民活動支援事業 報告会
フェット2016は府中市からの補助を得て開催されました。
フェット以外にも支援事業の枠組みで行われた8つの事業の報告会が開催されます。

3月21日 13:00-15:30
会場 府中市役所北庁舎3階会議室
入場 自由(無料)
内容 事業を実施した8団体の活動報告

フェットFUCHU TOKYO 2016の事業報告は13時半から15分程度の予定です。
審査員からの質疑にフェット事務局の2、3名がお答えします。
他の団体も参加する報告会ですが、出入り自由で市民に公開しているオープンな報告会ですので、興味のある方お時間おある方は是非ご参加下さい。
*市に提出した報告書をご覧になりたい方は、こちらの代表メールへお問い合わせ下さい。
contact@fetetokyo.com

旧暦で祝う手作り仲間の「ひな祭りとちりめん細工展」
3月29日(水)~4月1日(土) 10:00-16:00(連絡あれば時間延長致します)
会場 スタジオ&ギャラリーアダージョ(府中市八幡町2-10-4)
内容 新暦の雛祭りの頃は、春爛漫とはいかないようですが、今年は暖かくて程よい陽気となっています。旧暦の雛祭りなら、いつもは桃や桜や草花が咲き、華やかな頃となりますが今年はどうでしょうか。
今年もまた、雛祭りとちりめん細工展をおおよその旧暦で楽しみますのでよろしくお願いいたします。アダージョ周辺、競馬場の桜もいつもは見ごろ。桜狩の散歩がてら、美しいちりめんの手仕事を、是非ご覧ください。
問い合わせ アダージョ 090-8894-4822

ひょうげんのあそびば:イギリスから紙芝居師のサラさんがやってくる!サラさんと日本の紙芝居師カナさんと一緒にオリジナル紙芝居をつくろう!
3月30日(木) 13:00-15:00
会場 ひょうげんのあそびば(東京都府中市押立町2-9-13)*京王線武蔵野台駅徒歩11分
内容 イギリスで様々なコミュニティで紙芝居をつかった活動をしているサラさんと、日本で子供の発する声や音楽、発想からオリジナル紙芝居をつくったり子供たちの紙芝居作りをファシリテートしている林加奈(カナ)さんのコラボレーション。さてさて、当日はどんなお話がみんなから出てきて、どんなお話がサラさん、カナさんから聞けるかな?
・オリジナル紙芝居制作
・サラさん・加奈さんの紙芝居鑑賞
参加費(すべて材料費含む)
親子 3000円
子供1人(4歳以上17歳以下) 1000円
大人1人(18歳以上) 2000円
*子供は年長さんくらいからご参加いただけます。
〜先生紹介〜
○サラ ハーレーさん
 イギリスの語り手で、参加型文化組織「Blazing Tales Ltd.」の芸術ディレクターを務める。昔話、創作、パーソナルストーリーまで幅広く語る。果樹園での季節行事、なぞなぞを使ったワークショップ、折り紙を使った語り(Storygami)、高齢者の人生の一場面を詩にする活動などをしている。また最近は「イザベラのおはなし自転車」で荷台にのせた紙芝居を野外で演じる活動に力を入れている。
○林 加奈さん(音楽家・美術家)
 音楽家・美術家・紙芝居師。幼少期より様々な種類の芸術に親しみ大学入学後美術を学ぶ傍ら音楽活動も開始。
 音楽と美術が入り混じる独自のアプローチを展開するうちに総合芸術としての「紙芝居」という方法の可能性に着目。子どもや知的障害者、路上生活経験者など様々な人たちとのワークショップによる芸術プロジェクトを数多く企画。東京芸術大学絵画科油画専攻大学院修士課程修了。京都女子大学、京都精華大学非常勤講師等を歴任。著書に「創造性を育む 音楽あそび・表現あそび」(共著・音楽之友社)、「音・リズム・からだ」(共著・民衆社)
○長峰麻貴さん(舞台美術家・アーティスト・ひょうげんのあそびば主宰)

予約 ひょうげんのあそびば 090-6129-0562 またはフェイスブックページのイベントページより

フェットツアーズ2017 Vol.2
4月8日(土)
12:00 集合(決まり次第お知らせします)
16:00 現地解散
*ツアー内容は予定です。予告なく変更することがあります。

第2弾は矢崎町&是政界隈をお散歩、ギャラリーを訪ねます。
大東京綜合卸売センターでは府中卸売珈琲店/cocorotusでランチを(最近購入したタブローを展示中)。お隣のアジア食材のお店、AsianMeal(アジアンミール)も散策しましょう。(予定)
Michiko Gallery ~つながるHappyProject では、書道家のみちこさんの案内付きです。
artist-run-space merdreでは「塩浦信太郎からくり展」を開催中。作家の塩浦さんも在廊予定です。
歩いて回りますが、小さいお子様をお連れの方も車椅子をご利用の方、ご年配の方も大歓迎です。
定員 8名くらい
費用 1500円くらい(ランチ、ギャラリー入場料など)
予約 contact@fetetokyo.com またはフェイスブックのイベントページに参加表明をしてくださいね。

塩浦信太郎からくり展
4月5日(水)〜4月22日(土) 11:00-18:00 *日月火定休
会場 artist-run-space merdre
入場料 ¥400(飲み物つき)

塩浦信太郎からくり展 関連イベント「アメリカインディアンのトリックスター」
4月15日(土) 開場 16:30 開演 17:00
会場 artist-run-space merdre
入場料 ¥2500(ワンドリンク付き)
内容 映像&トーク・塩浦信太郎 、音楽・Mark Akixa(インディアンフルート)
予約  s-shioura@jcom.home.ne.jp

<<<フェットツアーズvol.1 レポート>>>

3/9のサンキューアートの日。
快晴に恵まれて、フェットツアーズ第1弾「分倍河原&西府界隈」に行って来ました。

参加は9名で女性を中心に1歳児〜70代の画家さんと幅広い世代でギャラリー探索を楽しみました!

森のカフェでランチの後は、gallery space 亞へ。その後10分ほど歩いてワインショップ&カフェ カモシタに行きました。番外編として、甲州街道から府中駅行きのバスに乗って、LOOP HOLE へ。オーナーの木村俊幸さんの個展「MATIM 10th Contact MADEMOI-SEELEマドモアゼーレ」(詳細は上記イベント情報にて)を拝見しました。作品の一部でもある(!?)愛猫モモちゃんはお休み、ざんねんながらいらしゃいませんでしたが、木村さんの作品解説のもと、楽しいひと時を過ごしました。

森のカフェ
分倍河原駅 徒歩1分
水曜日定休
11:00-16:00 18:30-22:00
日曜日は夜の営業なし

gallery space 亞
分倍河原駅 徒歩40秒
「木綿バンザイ」展
〜3月26日まで
12:00-19:00
入室料 300円 (国連UNHCRに寄付されます)
併設の「海月資料室」と「世界の民族人形室」も見学可!

ワインショップ&カフェ カモシタ
西府駅徒歩5分
10:00-23:00
木曜日定休
「田村セツコ&久都間あゆみ」展 まだまだ見られます。
カフェメニュー 500円から

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
このメールマガジンは、「フェット2016」でご協力いただいた皆様、名刺交換をさせていただいた皆様にお送りしています。
購読が必要ない方は、お手数ではありますが、このメールアドレス(contact@fetetokyo.com)までご連絡くださいませ。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

発行:Artist Collective Fuchu(アーティストコレクティブフチュウ)
執筆者:馬渕愛

公式ウェブサイト:http://www.fetetokyo.com/
Facebook: www.facebook.com/fetetokyo/
Instagram: fete_fuchu_tokyo
twitter: @fete_fuchutokyo

フェットツアーズ2017 Vol.1のお知らせ

+++++++++++++++++++++++
『暮らしと表現の芸術祭 フェット』メールマガジン
+++++++++++++++++++++++

府中市内の梅の花が満開の季節となりましたね。
みなさまいかがお過ごしでしょうか。

今回のメールマガジンは「フェットツアーズ2017」へのお誘いです。
これはフェット事務局が主催するまち歩きツアーです。

第一弾は分倍河原界隈をお散歩、ギャラリーを訪ねます。

開催日に当たる3月9日は39(サンキュー)アートの日!
http://www.39art.com/
みんなでアートをたのしもう♪

<スケジュール>

3月9日(木)

12:00 集合 分倍河原駅
12:15~ 「森のカフェ」でランチ 自己紹介など
13:00~ 「gallery space 亞」 見学
14:00 移動&ティタイム @「ワインショップ&カフェカモシタ」
16:00 現地解散

*歩いて回りますが、小さいお子様をお連れの方も車椅子をご利用の方、ご年配の方も大歓迎です。

<お申し込み>
氏名・電話番号・参加人数を明記の上、このアドレス(contact@fetetokyo.com)に返信してください。

またはFBページに参加表明をぽちり。
https://www.facebook.com/events/449234892082165/

<定員> 8名くらい

<費用> 1700円くらい(ランチ、ギャラリー入室料、お茶代)

<gallery space 亞とは>
退職された東京造形大学元教授夫妻が営むスペース。企画展では夫妻のテキスタイルのコレクションを中心に月替わりで展示しています。奥には海月(クラゲ)資料室も併設しており、昭和の雑貨数千点、世界民俗人形も合わせて見学できます。入室料の300円は国連UNHCR協会に寄付されます。

<gallery space 亞 展示概要>
企画展「木綿バンザイ」 3月9日〜26日
『木綿の生地は丈夫で長持ち、安くて暖かく庶民の強い味方です。子供から大人の日常着、労働着として大活躍してきました。消費が増えれば市場もにぎわい、木綿というレベルでデザインも多様に開花しました。こけし人形や木地モノも特別参加します。』(執筆 gallery space 亞)

*gallery space 亞 ウェブサイト
http://spacea.exblog.jp/

*森のカフェ 「フェット2016」開催概要

森のカフェ

*ワインショップ&カフェ・カモシタ 「フェット2016」開催概要

ワインショップ&カフェ・カモシタ

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
メールマガジンの購読が必要ない方は、お手数ではありますが、このメールアドレス(contact@fetetokyo.com)までご連絡くださいませ。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

発行:Artist Collective Fuchu(アーティストコレクティブフチュウ)

公式ウェブサイト:http://www.fetetokyo.com/
Facebook: www.facebook.com/fetetokyo/
Instagram: fete_fuchu_tokyo
twitter: @fete_fuchutokyo

メールマガジン開始のお知らせ

+++++++++++++++++++++++
『暮らしと表現の芸術祭 フェット』メールマガジン
++++++++++++++++++++++++

フェット2016にご参加・ご協力いただいた皆さまへ。

昨年は大変お世話になりました。
この度「フェット」のメールマガジンを開始することにいたしました。

昨年の「フェット2016」は、府中のアートポイントやアーティストの存在を可視化できたこと、そして何より府中のアートネットワークを広げることができたことが何よりの収穫となった初回フェスティバルでした。アーティスト・コレクティヴ・フチュウ(ACF)は、今後も「暮らしと表現の芸術祭 フェット」をパワーアップさせながら続けていきたいと思っています。

ACFメンバーで「今後のフェット」についての会議を重ねた結果、次回のフェスティバルは2018年に開催することにいたしました。2017年は準備年として運営体制をしっかり作ると同時に、講演会や展示などのイベントを単発で開催していく予定です。

このメールマガジンでは、イベント等のお知らせを随時行ってまいりますので、どうぞよろしくお願いします。

なお、メールマガジンの購読が必要ない方は、お手数ではありますが、このメールアドレス(contact@fetetokyo.com)までご連絡くださいませ。

今後とも「フェット」をどうぞよろしくお願いします!

発行:Artist Collective Fuchu(アーティストコレクティブフチュウ)
執筆者:馬渕愛

公式ウェブサイト:http://www.fetetokyo.com/
Facebook: www.facebook.com/fetetokyo/
Instagram: fete_fuchu_tokyo
twitter: @fete_fuchutokyo